イメージ

会議室の存在

会社には必ずといってよいほど会議室があると思いますよね。大抵の企業ではビジネス上大事な話し合いの場が必要とされ、その空間は必要不可欠でしょう。しかし、昨今ではビジネスの形態も多様化していて、オフィスがとても簡略化されています。通信システムの発達によって、ビジネスはオフィスという箱物を必要としなくても成立する時代です。したがって、会議室をもたない企業も増えているのです。極端な話、自宅でも街中のカフェでも、移動中の電車や車の中でも、ビジネスのやり取りが可能ですから、あえて会議室という空間を必要としていないのかもしれません。ただ、どうしても複数人あつまって会合を開きたい、取引先の人と外部をシャットアウトして話し合いたい、大事な商談の場面は、落ち着きのない外野の存在が邪魔になりますし、情報漏洩にもつながってしまいますよね。そこで、会議室のない企業が最近利用しているのがレンタル会議室(貸会議室)サービスです。いまや、全国には1万室を超えるレンタル会議室があり、その運営を専門におこなっている会社もあります。レンタル会議室増加の背景には、空きオフィスの存在があるでしょう。景気が良かった時代に都市部は再開発が活発化しましたが、景気は一気に低迷し、ビルの供給が需要を上回ってしまう事態に。そして末路にはオフィスの空室率の増加がありました。そこで、なんとかこの空きオフィスを有効活用できないか?と考えて、椅子や机などの必要最低限の設備で運営可能なレンタル会議室という運営方法が注目されるようになりました。

 

【注目情報】
東京で貸会議室(レンタル会議室)を提供している会社です>東京 貸会議室

会議室の存在

空きオフィスの有効活用は、そのビルを所有する不動産会社や広告代理店が副業として始めたものが多いようです。実は、貸事務所として賃貸契約を結ぶよりも、時間貸しでレンタル会議室として回転よく運用したほうが得られる収益が多いのです。また、借りる側としても、ある一定期間賃貸契約をするには負担が大きすぎますが、必要なときだけ借り・・・

会議室はもちろん会議を行うための空間ではありますが、せっかくの広い空間をそれだけのためにしておくのは勿体ないと思いませんか?実際に、最近では会議室を持たないコンパクトな企業が増えており、経費削減として会議室を外部のレンタルに切り替える傾向にあります。オフィスが大きなビル内に入っているケースが多く、外部の人間はそのオフ・・・

会議室という名称ですと、ビジネスに使う空間という固定概念があるかもしれません。しかし、レンタル会議室というものはそんなに堅苦しいものではないのです。実はプライベートな活用方法もできます。レンタル会議室は大きさもさまざまで、その用途によってさまざまなシーンに有効活用することができます。企業のみならず学校が入試試験会場に・・・